介護事務の仕事とは

介護業界は、他の業界・業種と比較して転職しやすいと言われています。
実際、求人情報誌やインターネットの求人サイトを見ても、介護業界の求人はたくさんあります。
介護の仕事にも色々な種類がありますが、ここでは介護事務の仕事について説明します。

介護事務の人は、ヘルパーなど現場で介護業務を行なっていた人がステップアップしてなることが多い仕事です。
介護事務の主な仕事とは、円滑なケアサービスをサポートする仕事ためのデスクワークとなります。
具体的には、「施設の受付業務」「会計や経理」であったり、「ケアマネージャーのサポート」や「ヘルパーさんなど職員のスケジュール管理」であったり、国や地方自治体などに対して介護保険制度による「介護報酬請求業務」を行うのが仕事です。
介護報酬請求業務とは、「利用者が1割、残り9割は国、もしくは地方自治体が負担」というケアサービスに関する負担の請求を行うことです。
この請求が複雑であることから、介護事務に関連する資格を取得することが求められることが多いようです。
申請書関係の仕事も多く、地方自治体や市町村などとの連絡役としての仕事もたくさんあります。
上記のようなデスクワークの仕事がメインになるため、昼間の作業がほとんどです。
早朝勤務や夜勤はあまりありません。
とはいえ、介護施設全体を管理したり、外部との連絡係になったりと、中心的な役割を果たしていることは間違いありません。

介護事務の仕事がなされている場所は、各種医療機関の他、老人ホームや介護・養護施設などでなされます。
介護事務の仕事をしたいと思うのであれば、介護関係の資格を取得することをオススメします。
資格を取得すれば、介護施設からも医療機関からも重宝されます。
引く手あまたの求人になります。
そして、さらにステップアップとして「ケアマネージャー」の資格を目指す人もいます。
ケアマネージャーになれば、ケアプランの作成や訪問介護であったり、各種書類作成代行などを行うことが可能になりますよ。
あなたにぴったりなお仕事がきっと見つかる求人サイト【イーアイデム】がお勧め。
共有する
お気に入りに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加